徒然なるままな想い書き

何気なく見たり聞いたりした時に得られる『思わぬ発見、気付き』を読者の皆さまに届けています。

今週の気になるメモ(2015/6/14 ~ 6/20)

f:id:tsurzur:20150523220758j:plain

今週の気になるメモ(2015/6/14 ~ 6/20)

 今週もいろいろと気になったことがありました。

  1. バーナム効果
  2. MNP & LTE

 

バーナム効果

バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは

 

 バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような曖昧で一般的なことを、自分だけに当てはまる正確なものだと認知してしまう効果です。この効果がよく用いられているのが「占い」です。占いの文章はよくよく読むと「曖昧で誰でも当てはまるし、やってそうなこと」なのに、まるで自分のことを見抜いてアドバイスしているかのように感じてしまいます。

 

こういったバイアスはうすうす感じていましたが、正式な名称は今週初めて知りました。騙すわけではないですけど、この効果は相手に「私はあなたのことを理解している」という印象を与えられるので、恋愛やコミュニケーションにおいてぜひ利用したい効果と言えます。

 

 

MNP & LTE

先月の気になるメモでMVNOについて書きましたが、今週ようやくMNPを使ってMVNO(楽天モバイル)へとキャリアを変えました。この手続きに関しては色々と厄介だったので、後でまた記事にしてまとめようと思っています。

 

さて、こうしてキャリアを変えたのですが、この話を友人にした時にMNPやLTEの意味や正式名称を理解している人があまりいませんでした。MNPもLTEも略語で、


MNP: My Number Portable

LTE: Long Term Evolution

 

が正式名称です。これを見て分かるように、MNPは「自分の番号を持ち運べる」という意味です。なので、MNPは「同じ携帯番号のまま、違うキャリアに移行することができる制度」のことを指しています。こちらは、名称と実際の制度が一致しています。一方、LTEは「長期的な進化」が正式名称です。正式名称だけでは意味が全く分かりません笑。実際には通信規格のことを指していて、通信の第三世代(3G)と第四世代(4G)の間の通信規格となっています。おそらく皆さんのイメージは「3Gよりも速い通信」となっているでしょうが、正式には「長期的な進化」の通信規格です(笑)。LTE自体はもはや通信規格となっていますが、LTEの正式名称を知っていると何だか通信規格としてはやはり変な名前に感じてしまいます。

 

 

いかがだったでしょうか?気になるものはありましたか?皆さんも、普段の生活で気になったものは、忘れる前に何らかの形で残したり、詳細を調べて知識として身につけてみましょう。

 

 

ではでは。